籾だねの蒔かれた育苗箱は、いよいよ苗代に植付されます。
天候が心配でしたがどうにか植え付けができました。
この苗床の上に、育苗箱を並べていきます。
軽トラックで育苗箱が苗代に運ばれてきました。


苗床の上に育苗箱を並べていきます。
2列にきれいに並べます。

ビニールシートを被せます。(オレンジ色のシート)
もちろん、温度を保つためです。
シートを被せるとき、育苗箱とシートの間に
ロープを入れます。(おばあさんが持っている)
理由は、シートを取るときに、取り出しやすくする
ためです。
これも、ベテランのノウハウ!!
固定と密閉のために、シートの端に泥土を置く。
挟み込んだロープが見えています。    
 
アルプスとシートを被せた苗代
次に、さらにミニハウス状の覆いを作るため、
通称”弓”といわれる”骨組み材”をさしこんで
いきます。
(矢を射る弓に似ているからきた名称であろう)
土面に対して垂直に差し込むように力を入れな
いと、上手に差し込むことができません。
円弧の大きさがきれいに揃うように差し込みます
”弓”の上に、さらにシートを被せていきます。
白いシートである。
(オレンジ色のシートより厚く強度があるシート)
竹棒の芯に巻きつけてあるシートを二人で
タイミングよく被せていく。
風があると凧みたいになってしまって、
作業しにくい。
端末処理は板を置いて、その上に石を置く。
密閉状態を保ち、なおかつ きちんと留めておく。
風で飛ばされないように、しっかり留める。
さらに、シートを固定するための”弓”をさしこむ。
左右、二人で タイミングよく同時にさしこまないと
上手くできない。
固定と密閉のため”、弓”をさした後で、シートの端
に、泥土を置いて密閉する。
最後の仕上げ。。。。。完成間近
すべての作業が終了した苗代

苗が育つのが楽しみです。