農地・水・環境保全向上対策活動
平成19年度より、全国的に農地・水・環境の良好な保全とその質的向上を図る新たな対策として、
「農地・水・環境保全向上対策活動」が行われています。
カンポおじさんは地元でこの活動に役員として参加しています。
とてもよい活動だと考えています。
実際に、どのような活動なのか、どのようなことを行ったのか記録しておきます。


農地・水・環境保全向上対策活動とは。。。配布された資料によると以下のようになります。
 
農村地域の、農地や農業用水などの農業生産に欠かせない資源は、過疎化、高齢化、混住化などが進み、
集落のまとまりが弱まっていくなかで、その適切な保全・管理が困難になっている地域が増えています。

 この制度は、農業生産の基礎となる農地や農業用水をはじめ農村の環境や美しい景観を、
農業者のみならず地域ぐるみで守り支えていく活動を支援する制度で、平成19年度から新たに始まったものです

 農業は、私たちの生活の根幹となる「食」を生産する重要な産業です。
この農業を持続発展させ、安定した「食」を供給するためには効率的な農業構造を確立し、
基盤となる農地・水・環境の保全を図ることが大切です。

 また、農業には自然循環機能を維持・増進する作用もあります。
ところが近年、過疎化・高齢化・混住化等が進むことによる集落機能の低下により、
農地や農業施設の適切な保全管理が困難となりつつあります。
また、環境問題の高まりにより、農業のあり方を環境保全をより重視したものに転換していくよう求められています

 これらの状況を踏まえ、農地や農業施設、農村環境を農業者及び地域住民をはじめとした
多様な人々とともに守り発展させていく取組みが農地・水・環境保全向上活動支援事業です。
そのために、農業者だけでなく、地域住民、自治会、PTAなどの多様な関係団体の方々の集まりが活動組織で、
この事業の中心となります。
                    
                  詳しい内容は農林水産省のこのサイトをご覧ください。
カンポおじさんが参加した実際の活動報告
この活動は、活動の内容がわかる日報、活動の参加人名簿及び人数、事務日報
それに、活動写真(活動証拠写真)、金銭出納帳、領収書整理などを管理するように義務付けられています。
これらの中から、代表的な活動内容と活動写真を紹介したいと思います。
カンポおじさんの 


春に行われた「井ざらい」&「水路補修工事」
夏に行われた開水路の草刈
開水路の点検保守作業
 
ホタル水路の改修工事
農用地&開水路の補修作業
コスモスの花壇造成
チョーリップの球根の植付  開花が楽しみです。2008年にアルプスをバックに咲き乱れる予定です。
平成20年春 咲き乱れたチューリップ