飯田線のバラード

飯田線は我がふるさと伊那谷・中央アルプスと南アルプスの間を南北に走っているJRの鉄道である。
この飯田線は、いろいろな意味で話題が多い。
小和田駅のことはあまりにも有名である。

しかし、知っている人は知っている(知らない人は知らない)有名なことが少なからずある。
その中でも面白いのは、一度降りた同じ列車に他の駅で再度乗ることができる。。。
このことは、某テレビ局の「探偵ナイトスクープ」でも採りあげられた。
下山村駅→伊那上郷駅の間のΩカーブである。

もうひとつは鉄道ファンにはあまりのも有名な聖地「たぎり駅」である。
全国のいやしくも「鉄道マニア」といわれる人たちは一度ならずと訪れたことがあるはずだ。
アルプスをバックに中田切川の鉄橋を渡る列車の姿は実にかっこよい。
Ω(オメガ)カーブといわれる曲線の線路がその美しさを加速させている。

それにあまり知られていないのだが、1985年から1987年にかけて漫画雑誌「少年サンデー」連載された、
「ゆうきまさみ」による漫画「超人あ~る」のOVAで紹介されさらに若者の心を捉えた。
また、「飯田線のバラード」という曲も作られた。
これらの詳しいことはそれぞれの下線部のある項目のリンクをみて理解していただきたい。

有名になったためこの田切駅を訪れる若者が多く、訪れた証拠・記念のため独特のスタンプもある。
また、全国から訪れる若者の有志が一年に幾度か日程を決めて、田切駅の掃除をしている。
それくらい愛されている駅なのだ。
カンポおじさんの所から車で10分のところにある駅だ。

また、中田切川を挟んでの駅・伊那福岡駅はΩカーブにちなんだデザインの駅舎がある。
これもまた鉄道ファンには隠れたスポットとなっている。
飯田線はいろいろな話題が多い

このような中で「飯田線のバラード」という曲がなぜかいい曲なので紹介しておきたい。
いい年をしているカンポおじさんだが、この曲を聞くといい気分になってしまう。
動画とあわせてご覧ください。
 
なお、歌詞の中で、JR飯田線の名前と「言い出せん」(”言い出せない”の意)をかけている。
ちょっとした面白さがある。

近年、このアニメ漫画「超人あ~る」のOVAの「聖地巡礼」をテーマにしたイベントが開催されている。(2013年)
                                   
2016年(平成28年)に行われた『究極超人あ~る』再現イベント「轟天号を追いかけて」の記事


飯田線のバラード 動画1
あ~るくんは角があったら回らなければならないのだ。あ~るくんは角が好きなのだ。。。
このフレーズ、とても面白い。何気なく聞いていると聞き逃してしまうが、奥深い意味がある。

とさか先輩: 「馬鹿者!『角』があれば、曲がらねばならんのだ!」
あ~る:    「そうですよ、目的地まで真っ直ぐ真っ直ぐ、そんな恐ろしいこと私にはとてもとてもぉぉ」
さんご:    「あーる君、『角』好きだもんね」

そのシーン
あ~るくんのOVAの中でパトカーに追いかけられた本当の場所と思われるルート。
酷似しています。
ファン必見です。


飯田線のバラード 動画2



飯田線のバラード動画3
駒ヶ根市の鉄道100年のイベント 「プロジェクションマッピング」
飯田線と赤蕎麦畑 背景にアルプス



春の田切駅




新調の日付の次の日に行ったのにもう破かれていました。


カンポおじさんのブログへ戻る